甲本が1日で300万円稼げた理由。

どうも 甲本です。

前回、前々回のメールで配布したレポートは
すでに聴いてくれたでしょうか?

激しい時代の変化に対処し、
これからの時代をより豊かに、より自由に、
生きていくための道標となるべく
作成したレポートですので
ぜひ聴いてみてくださいね。


『これから時代の歯車はどう回っていくのか?』


『これから時代が求めるもの』



さて、今回は成功者と凡人の違いについて
僕なりの考察を少し話したいと思います。

成功者と呼ばれる人と
そうでない人では何が違うのでしょうか?


僕は現在26歳ですが、
自分の倍以上も人生経験のある方から

「どうやったらそんなに若くして
 その境地に達することができるのか
 不思議でたまりません」

というようなことを言われます。


そんな僕もバリの兄貴と呼ばれる大富豪の話を聞くと

どうやったら何もない所から
資産総額6000億円になれるのか
不思議でたまりません。


何が違うんでしょうか?

頭の良さでしょうか?

おそらくそれはないと思います。


だって、僕よりも頭の良い人なんて
世の中にはゴロゴロいますし、

逆に中卒とかなのに
驚くべき成功を手にしている人も
世の中にはゴロゴロいます。


そして、僕自身、
人間の能力なんてもんは
大差ないと思っています。

もし手が4本生えてる人がいれば、
文字通り反則的な強さのボクサーになれると思うんですが
そんな人いないでしょ?(笑)

同様に、目が3つある人もいなければ、
身長が5メートルある人もいません。


じゃあ、何が決定的に違うのかって
言われれば、

僕は頭にある「概念(知識)」「考え方」だと
思っています。


「概念」が違うから人には見えないものが見える。

だから、それが見えない人からすれば
天才に見えてしまう。


「考え方」が違うから人とは違う行動をする。

行動が違うから結果も違ってくる。


シンプルですよね。


僕はみんなが知っていることは
人に聞けばいいと思っています。

だから、テレビも見ません。


笑われるくらいに一般常識も知りません。

消費税の増税の事とか
総理大臣が誰になったのかとか

そういった事は人に聞いて知る始末です(笑)


しかし、みんながテレビを見ている間に
僕はみんなが知らない分野を学んでいます。

例えば、

哲学とか
キネシオロジーとか
武学とか
オーラソーマとか
アーユルヴェーダとか
説得工学とか

そんなんです。

普通に生きていたら
一生学ぶことも関わることもない分野かもしれません。


けど、考えてみて下さい。

もし

「総理大臣が誰になったのか教えてあげるから
 100万円ちょうだいよ」

と言ってもくれる人はいないと思いますが、


僕が

「説得工学に基いて売上を一気に上げる手法を
 教えますけど100万円でどうですか?」

と言えば無理してお金を作ってでも
それを教えて欲しいという方が出てくるんですよ。


実際、先日の連休中に3人(2人と1社)の方が
僕に100万円のコンサルを申し込まれました。


「みんなが知っている情報はみんなから聞けばいい。
 そこに価値はない。

 しかし、みんなが知らない情報を知っていれば
 そこには希少価値が生まれるから
 それを教えるだけで感謝されビジネスにもなる」



僕の頭にはこういった考え方が染み付いているので
たった1日で同年代の年収以上の金額を
稼ぐこともできてしまうわけです。


未知の「概念」を頭に取り込む。

そして、「考え方」をちょっとだけ変えてみる。


突き詰めれば成功に必要なモノって
これだけなのかもしれません。


頭の中にある狭い枠をぶっ壊して、
いろんな「概念」を取り入れ、
様々な「考え方」を受け入れてみて下さい。

思わぬ進化が訪れるかもしれませんよ。


ではでは

今回は以上です。

ありがとうございました!


甲本



追伸1
「進化」という言葉をよく耳にしますよね。

「進化しようぜ!」

とか

「進化の先にある世界に行きましょう!」

とかね。


でも、そもそも「進化」って何でしょうか?

当然ですがそれがわからずして「進化」することは
できないと思います。


そこで、原点に立ち返っての考察を
行なってみました。

「進化」とはそもそも生物学の用語ですよね。

だから、まずは生物学的な「進化」の意味を
徹底的に紐解き、その上で「進化」を哲学し、
現代人に合わせて再定義。

即実践可能なメソッドとして再構築。


そんな教材をリリースしようかなと
思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)