これから日本はどうなる!?生き残るために必要な2つの能力

どうも 甲本です。

我々が生きる現代は学歴と収入に
相関関係がほとんどない時代
になりました。

高学歴 = 高収入

という方程式はもはや成り立ちません。


では、どういう人が出世していくのかというと
僕は次の2つの能力を秘めた人だと分析しています。

「問題解決能力」



「創造力」

です。


まず、社会に出ると学校で習った数学の問題のように
答えが一つに定まるような問題はほとんど出てきません。

何が正しいのかはその都度本人が判断し、
問題を解決していかなければいけないわけです。


そして、問題を解決するだけでなく、
新しいものを生み出していく
創造力が問われます。

もしこういうものがあったらもっと便利なんじゃないか?

これからの時代にはこういうものが必要とされるんじゃないか?


そういった新しい価値を生み出していける能力を秘めた人間こそが
今は出世していく時代
だと思います。

単純労働はこれからどんどんロボットに
取って代わられていくでしょうからね。


オックスフォード大学の准教授である
マイケル・A・オズボーンは
10年後には人間が行う仕事の約半分は機械に奪われる
というような予測を立てています。

実際、ここ数年でいろんなものが
どんどん変化していってますよね。

車は全自動で走るものがもう発表され、
東京オリンピックの時にはタクシー運転手は
必要なくなるという事を言っている学者もいます。

スーパーに行っても、セルフレジなんてものが登場し、
レジ係もその内必要なくなるんじゃないでしょうか。

高速道路だってETCが入ったし、
電車だってICカードが入っています。

つまり、その分そこで働いていた人達は減ったわけですよね。


買い物をするにしても、Amazonや楽天などの
通販を利用する人が急激に増えています。

僕もAmazonヘビーユーザーですし(笑)

で、Amazonと言えば話題となったのが
倉庫ロボットを導入したことです。

このロボットは着々と成果を上げているようで、
人間だと60分から75分かかっていた作業を
ロボットは15分でミスなく完了するそうです。

おかげで、Amazonは倉庫1つにつき約23億円もの
経費削減に成功しているんだとか。


こうなってくると企業側は人間を雇うよりも
ロボットを導入したほうが儲かるわけですから、
単純労働はどんどんなくなっていくでしょうね。


あなたが現在やっている仕事はどうですか?

10年後どうなっていると思いますか?



少しでも不安に感じるのであれば
今のうちから

「問題解決能力」
「創造力」


この2つを養っておいて下さい。

そうすれば、時代がどの様に変化しても
絶対大丈夫という自信が身につきますからね。


で、そのためには
当然幅広い知識と経験が必要になります。

僕らは知識をベースに思考していますので、
どんなに頭の回転が速い人でも
アイデアの材料となる知識が不足していれば
宝の持ち腐れになります。

また、経験をたくさん積んでおくことで
似たような問題に出くわした時に
解決が早くなりますし、
ふとした時に画期的なアイデアを閃きやすくなります。


これから益々日本は、いや世界は、激動の時代に
突入していくことでしょう。


そんな時代を力強く生き抜き、楽しむためにも、
僕は今のうちから『Dynast Club』に入会されて
一緒に様々な事を学び、経験し、志の高い仲間と供に
協力していけたらなと思うんですが、いかがでしょうか?

学歴と収入は比例しませんが、
自己投資した額と収入はある程度比例すると
僕の知り合いで投資でバンバン儲かってる社長も言ってました。

少なくとも欲しい年収の3から5%は自分磨きに投資しろと。

もし、年収1000万円欲しいなら
年間で30から50万円は自己投資が必要な計算ですね。


ぜひ人生を謳歌するための自己投資先として
『Dynast Club』をご検討下さい。

あなたのご入会をお待ちしております。



『Dynast Club』の詳細はこちら


ご入会はこちら



最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。


甲本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)