クソ忙しいのに幸せだと思う時。

どうも 甲本です。

僕はインターネットを使った
情報配信というビジネスだけでなく

「便利屋」も経営しているんですが、
死ぬほど忙しい時がしばしばあります。


つい先日も急に不動産屋さんから電話がかかってきて、

「福岡の現場なんですけど、元居酒屋の店舗を
 デイサービスに改築工事しなきゃなんですが、
 任せてた業者が音を上げてしまって・・・

 代わりに工事入ってもらえないですかね?(汗)」

というご依頼を頂きました。

古民家を1軒リフォームし終えたばっかのタイミングで
たまたま職人が空いていたので
お引き受けさせていただいたんですが、

工期はなんと残り1週間!(笑)


その期間で、

お風呂場を設置するための解体
スロープを2ヶ所作成
柱を移動させて間口を広げる工事
トイレの床の製作
広間の床の穴埋め
クロス貼り
入り口の一部解体
廃材の撤去
  :
  :

と、これを見ただけでも
わかる人ならわかると思います。

そりゃ、無理だ。

と(笑)


しかし、それを何とかするのが便利屋ですからね。

うちは日本一気合の入った便利屋をモットーに
商売を営んでいるわけですから、
頼み込まれたらNOとは言えません。

職人とアルバイト総出かつ僕も現場に出て陣頭指揮を取り、
何とかかんとか目処が付くところまで仕上げました。

はっきり言って大変でした。

アルバイトの人達を帰らせた後も
僕と職人の2人は現場に残って作業を続け、
翌朝も早くから出てきて仕事をする日が続きました。


ボクシングをやっている僕でも
あちこち筋肉痛になるレベルです(笑)


けどね。

大変だったのは間違いないけど、
めちゃくちゃ充実してたし、
楽しかったんですよ!


僕はインターネットでビジネスを行っています。

1日に4本から5本の教材が売れて
5万円か6万円くらいの収入が勝手に入ってくるような
仕組みを持っています。

だから、ホントはそんな汗水たらして
働く必要はないのかもしれません。

便利屋をやってなかったら
もっと時間とお金に余裕のある生活が
できてるんじゃないかともたまに思います(笑)


でも、どうやらそれは僕の魂が許さないんですね。

自分だけ稼いで豊かになって、はい満足。

それじゃつまんないと思ってしまったんです。


困っている仲間がいたら
いつでもうちに来いと言えるような環境を整備したい。

便利屋という仕事には様々な依頼がありますので、
本当に老若男女問わず雇えますからね。

最初は給料安いけど、おれ達にはでっかい野望があるから
それに共感するなら一緒に高みを目指してがんばろう!

そうやって少しずつ便利屋を大きくしてきて
だいぶ人も増えてきたし、規模のデカい案件も
依頼されるようになってきました。


で、そんな毎日を送りながら気づいたんです。

クソ忙しいのに幸せだと思う時もあれば、
金にも時間にもゆとりがあるのに何か無気力な時がある。

これって一体全体どういうこと?

て。


そして、そこから人生とは何のためにあるのか?
ということがかなり明確に見えてきました。

それを次回話したいと思いますので、
また楽しみにしていてください。


ではでは

今回も最後まで読んでくれて
ありがとうございます。


甲本



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)