KEEP CALM.

甲本侍滝です。

僕は2年ほど前からロシア式の格闘術である

「システマ」

を定期的に習っています。

これがまた非常に面白くて
まさに体を使って理解する宇宙法則
といった感じなんですよねー。


そして、その達人たちは
ホントに強い。

現役ボクサーの僕が手も足も出ない(苦笑)

いや、マジで。

パンチが当たらないとか、効かないとか、
そういう次元ではなくて、
本当に手が出せないんです。

何て言いますかねー。

彼らは基本的にニコニコしているんですが、
打ちに行こうとすると
とてつもなく嫌な気配がして
それ以上近づきたくなくなる。

それでも勇気を振り絞って
飛び込むと・・・

案の定、やられる(笑)


いや、もう笑うしか無いですよ。

ほとんど手打ちにしか見えないパンチで
脂汗が出るほど効かされますからね。

そんな苦難を乗り越えてつかみとってきた学びを
僕はこうやって律儀にメルマガで
シェアしちゃうわけですが(笑)


システマの達人たちは
みんな口をそろえてこう言います。

KEEP CALM.(キープ カーム)

だと。

これを単純に日本語訳すれば

「心の平静を保て」

程度の意味にしかなりませんが、
これがとにかく奥が深い。


システマの極意はこれ1つに
全て凝縮されていると言っても
過言ではないくらいに
重要な体感覚です。

「KEEP CALM」の状態だと
全ての技が上手くいきますし、
敵の攻撃は無力化されます。

普通のパンチがとんでもない威力に早変わりしますし、
フェイントも効かない、関節技も効かない、
テイクダウン出来ない、仮に打撃が当たっても効かない・・・

とまぁ、無敵状態です。


では、どうすれば「KEEP CALM」になれるのか?

1つは、

“ゆるむ”

という事ですね。


これはシステマに限らず、様々な武術や
スポーツの世界でも言われていることですが、
ゆるめばゆるむほどにパフォーマンスは向上します。

力んでいる状態というのは
言わばブレーキとアクセルを
同時に踏んでいるようなもんですが、

ゆるむというのはそのブレーキを外す行為に
相当します。

だから、ゆるんでいるのに強い力を発揮できる。


やり方としては、まず自分の今の体の状態を
スキャンしてみてください。

そうすると強張っている所と
そうでないところがあって
全身を通して見てみるとムラがあることに
気づくと思います。

「あ、今肩が凝ってるな」
「腰回りも少し緊張してるな」

と感じたらゆっくり呼吸をしながら
意識的にそこをゆるめてみる。

そうやって全身に分布している
力みのムラを無くしていくわけです。

そして、全身が均一な状態になった時、
それが今のところ僕が理解している

「KEEP CALM」

です。


試しにその状態で歩いてみてください。
走ってみてください。
素振りしてみてください。

体がかなり快適に動いてくれると思います。

そして、その時の心の状態を観察してみてください。

当然「平静さ」で包まれていると思います。


つまり、僕流に「KEEP CALME」を再定義すると

“最も快適な状態の自分を保つ”

という事になります。


この状態で毎日を生きるんです。

すると、不思議な事に目の前から
どんどん障害が消えていきます。

なぜかうまくいくようになる。


時にはうまくいかないこともありますが、
その時は「KEEP CALM」のスイッチが切れているので

「あ、切れてた」

とまた入れ直せばいい。


それの繰り返しで無敵状態を
常に維持できるようになります。

騙されたと思ってぜひお試しあれ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)