新時代のリーダーの資質

甲本です。

時代が変わった。

これはいろんなところで
言われていることですし、

実際にそれを体感として感じている人も
そろそろ多くなってきたのではないかと
思いますが、あなたはいかがでしょうか?


2012年の12月頃から、
魚座の時代から水瓶座の時代に
移行したと言われています。

魚座の時代の特徴は

・物質文明(より多く所有することが大事)
・交換条件付きの愛
・宗教、権威への服従(上下関係)
・恐怖に基づいた行動
・マニュアル型
・他者のために生きる
・左脳的、過去の記憶や知識で判断
・苦しむ(努力すれば報われる)
・闘争(戦って勝ってトップに立つべき)


だったのが、

水瓶座の時代に変わり

・精神文明(心の豊かさが大事)
・無条件かつ無限の愛
・共依存からの脱却(横一列の関係)
・愛に基づいた行動
・自由な発送、オリジナリティ
・自分の為に生きる
・右脳的、魂の声に従う
・楽しむ
・平和(共に生きよう)


になった。


この辺りは以前にも書いた

強制リセット

の記事にも詳しく載せてますので
ご参照ください。


で、時代の変化に伴って

「リーダーの資質」

というものも
かなり様変わりしてきたように思います。


これまではトップダウンでも
上手くいっていました。

優秀なリーダーが頂点に立ち、

「こういう風にやれ」

と命令したら部下や家来は
その通りにやる。

成功のための型(マニュアル)が作られ、
みんなその型にハメられる。

ピラミッドの構造になっており、
少数の上の階層の者が下の階層の者を支配し、
それが下へ下へと続いていく。

そういう組織形態です。


ピラミッド形


まぁ、馴染みのある構造ですよね。

多くの会社組織もこの形態で
成り立っていますし。


しかし、残念ながら
このピラミッド形式の組織は
これからどんどん立ちゆかなくなってくると思います。

それが通用したのは魚座の時代まで。

新しい時代には新しい成功法則が必要な様に
水瓶座の時代にはそれに合った組織の形と
リーダーの素質が求められます。


では、新時代のリーダーの素質とは
どんなものか?

これまではピラミッド型だった。

しかし、それでは上手くいかなくなってきた。

そこで観方を変える必要があります。


“ピラミッドを上から見る”


んです。


すると、どう見えるか?

「頂点(トップ)」は「中心(センター)」に変わります。


センター


つまり、これまでは頂点に君臨する者が
リーダーだった。

が、これからの時代は中心となる人物が
リーダーになります。


命令を下すのではなく、
みんなの意見を聞き、それをまとめるのが役割。



そして、やるべき事は3つ。

1.理念を掲げる。
2.システム(ルール)を作る。
3.適材適所に人材を配置する。



理念を掲げる事でそれが組織のコアになり、
それに共感した仲間が集まってきます。

集まった仲間たちが衝突することなく
活き活きと活動できるように
環境を整備したりルールを作ったりします。

そして、その中で個人の特性を見極め、
適切に人を配置していく。


これが僕が思う新時代のリーダーのあるべき姿です。


そのためには当然
人が集まり、中心人物となれるだけの
人望が必要ですし、
1人1人を深く理解する能力と精神性が必要です。


「いいから、おれの言うとおりにやれ!
 お前は考えるな。

 結果が出ないのはおれの言ったことを
 お前が死に物狂いでやらないからだ!」


というのは古い時代のリーダー像であり、
僕が知っている範囲でもこれを採用している所は
どんどん人が離れて大変になっています。


逆に新時代のリーダーの資質にいち早く気づき、
組織体制を整えている所は上手くいっています。

もし今リーダー的な立ち位置にいる場合は
ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)