振り返ってみると

甲本です。

2015年もいよいよ終わりですが、
いかがだったでしょうか?

年末というのは
1年を振り返るにはいい機会ですね。

ぜひやってください。
振り返り。


僕は今年は一言で言うなら

「変革の年」

でした。


年始早々にフィリピンで経営していた
インターネットカフェを潰し、
立て続けに地元でやっていたスナックも潰し、
心機一転しました。

そして、流れに導かれるがままに
うちの会社でも従業員を雇うようになり、
それに伴う事業拡大。

IT部門ができ、便利屋部門ができ、
それぞれが拡大していくと共に
目が回るほど忙しくなりました(笑)


しかし、これは僕という人間の歴史上、
今までにはない大きな変化です。

これまではずっと一匹狼でやってきました。

誰かと組んで仕事をすることはあっても
従業員を雇うということはしませんでした。

多大な人件費や経費がかかるのと、
会社を大きくすると
小回りが利かなくなるのが嫌だった、
というのが主な理由です。


でも、今は人を増やして
本当によかったと思っています。

おかげで1人ではできないことが
可能になりましたので。


例えば、これ。

yanekouji


これはうちの便利屋で請け負った
玄関の屋根の改築です。

こんな大掛かりな工事の依頼は
初めてだったんですが、

「まぁ、乗り越えられない試練は訪れないはずだ」

と思い、請け負いました。


そして、僕と従業員の二人でやりました。

断っておきますが、うちは便利屋です。

大工ではありません(笑)


ですが、うちの便利屋の理念は

「日本一気合いの入った便利屋」

です。


「いやー、さすがにそんな仕事は
 うちではちょっと・・・」

とは言いたくありません。

だから、とにかく知恵を絞ってやる。

その積み重ねでどんどん技術が向上し、
今は五人の便利屋人員で
マンションを二棟、全部リフォームしてます。

50世帯くらいあります。

新年も2日から営業します。

ね?なかなか気合い入ってるでしょ?(笑)


けど、こんなことができるようになったのも
従業員がいてくれるおかげですよ。

本当に彼らには感謝です。


で、話を戻しますが、
ぜひ<%sei%>さんも
今年の振り返りをしてみてください。

自分の過去を知るということは
未来を知るということに繋がりますので。


歴史は螺旋状に繰り返されます。

上から見たら同じ所を
ぐるぐると回っているようにしか見えないけど、
横から見たら上下しているのがわかる。


もし今、何か問題を抱えているのであれば
それは過去にも似たような問題を
抱えていたのだと思います。

そして、その時に完全に解決しきれていなかった。

だから繰り返される。

学ぶべきことは何かに気づき、
それを完全に解決するまでは
天は許してくれません。

しかし、きちんと解決したならば
次のステージを用意してくれています。


僕は今年は「変革の年」だったと
自分で言っているくらいですから、
去年までとは違う
一つ上のステージに突入したと確信しています。

そして、その過程で学んだのは

“心の豊かさ”

についてです。


現代は物が溢れている時代ですよね。

携帯電話もある、パソコンもある、車もある、
冷蔵庫も洗濯機もテレビも電子レンジもあります。

それも、ほとんどの家庭に。

それだけあれば不自由のしようがないでしょ?


なのにまだ物を求めようとする。

なぜか?

物を手に入れる事 = 幸せ

だと思い込んでいるからです。


いや、別にいいんですけどね。

じゃぶじゃぶお金を使ってもらった方が
経済は回るので。

100万円の時計とか、
500万円の車とか、
1億円の家とか、
買ったらいいと思います。

でも、僕だったら物を買うことよりも
自分に投資しますけどね。


なぜなら物を買うこと以外の部分に
僕の幸せの基準はあるからです。

例えば、上の屋根修理の写真。

僕は昔から工作が得意で
小さい頃はその辺で拾ってきた
木材の切れっ端などを使って
よく鉄砲を作って遊んだりしてました。

だから、こういう作業は
やってるだけで楽しいんです。

そして、お客さんがその出来栄えに
びっくりしてくれたら、なお最高ですね。


他にも、僕はそれまで出来なかったことが
出来る様になるのが大好きです。

だから、武術を学んでいる時も
新しい技を覚えたり、
高度な身体の使い方を習得すると
めちゃくちゃ嬉しい。


便利屋でリフォームの仕事をやっている時も

塗装のやり方を覚え、
ウォシュレットを取り付けれるようになり、
インターホンを取り付けれるようになり、

板金ができるようになり、
雨樋を修理できるようになり、
屋根を修理できるようになり、

と、どんどん技術が向上していくので
毎日仕事していて楽しくてしょうがない。


これは僕の中にそういう

「幸せの基準」

があるからです。


だから、幸せになりたければ
自分だけの「幸せの基準」を持てばいい。

その数が多いほど
幸せになれる頻度が高まります。


ある人は自分で育てた野菜を
自分で料理して、それを食べたり、
人に振る舞ったりすることに
至福の喜びを感じるかもしれません。


ある人は自分で釣った魚を
その場でさばいて
刺し身で食べるのが

「幸せーーー!」

って感じるかもしれません。


ある人は新しい知識を手にし、
それを実践して思った通りの結果が出た時に

「おー!やったぜ!!」

とニヤリとするかもしれません。


自分の心の中に
この「幸せの基準」があれば
どんなに人生は楽しくなるか。


我々人間は右手を挙げようと思えば挙げれます。

左足を伸ばそうと思えば伸ばせます。

みんな肉体はある程度
思い通りに動かせるんです。


けど、心はそうはいかない。

なかなか思い通りに動いてくれない。


だから、基準を持つことから始める。

そうすれば、自分の意志で
幸せになれるんです。

毎日を幸せに満ちたものに変えられるんです。


これに体感レベルではっきり気づいたのが
自分の中で1つ上のステージに上ったかなと
今年一年を振り返って確信している要因です。


長々と僕の2015年の振り返りを
書きましたが、

ホントにやってくださいね。
振り返り。

ぼんやりとでもいいので。


ではでは

今年も本当にありがとうございました!

また来年もよろしくお願い致します。


甲本



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)