修羅場な人間関係を経験しないために。

どうも 甲本です。

昨日は同級生から深刻な悩みがある
ということで呼び出され、
話してきた所・・・

かなり修羅場な夫婦関係を
聞かされました(苦笑)


約2年前くらいに僕は彼の結婚式のために
北海道に飛びました。

僕の同級生は九州出身、
住んでいるのは東京。

なのに、なぜ北海道で挙式なのかというと

「奥さんの実家が北海道だから」

という理由ででした。


しかし、奥さんは日本人とインド人のハーフで容姿端麗、
おまけに親はお金持ち、
僕らに対しても気配りをしてくれて

「コイツはすごくいい嫁さんをもらったな!」

と思っていました。


しかし、

事件は起きました。


結婚式が終わった次の日、
みんなでレンタカーを借りて
北海道を観光しようという話になっていたんですよね。

で、みんなでワイワイ観光しました。

ここまではよかったんです。


レンタカーを返しに行った時の事です。

普通、ガソリンを満タンにして返すか、
走行距離から計算して現金でガソリン代を
支払うかしなければいけません。

この時は返しに行く途中の道に
ガソリンスタンドがなかったので
現金で支払うことにしました。

ガソリンのメーターは
ちょうど半分くらいになっていました。


で、受付にいた若い女性スタッフの方に
計算してもらったところ請求額が

15,000円・・・!?

え? 何でそんなに高いの??
ガソリンを半分入れるのにそんなにするわけないでしょ!

って話です。


レンタカー屋は貸し出す前の走行距離を控えていて、
そこから何km走ったかで計算します。

最初の時点の走行距離が10万kmで
車を返す時が10万100kmだったなら

100km(走行距離) × 150円(ガソリン代) = 15,000円

という感じです。


しかし、その時は途中で1回
満タンまで給油しているんですね。

そうすると単純計算しても辻褄が合わない。

だから、15,000円という請求は間違いであり、
それは向こうに落ち度があります。


これに対して奥さんがブチ切れました。

まぁ、怒るのはわかりますよ。

が、そのブチ切れ方が尋常じゃない(笑)

受付の若い女性スタッフに対して

「この馬鹿女!いったいどういう計算してんのよ!?

 全くホント無能ね!

 あんた頭おかしいんじゃないの?」

というような感じで、店の外にまで聞こえるくらいの
大声で罵声を浴びせまくっていました(苦笑)


一緒にいた我々はドン引きですし、

「これは大変な嫁さんをもらってしまったかもしれない・・・」

と一瞬にして悟りました。


そして、いろいろと話を聞いていると
その奥さんは家ではわがまま放題、キレ放題、
束縛も激しく、正直生きた心地がしなかったようです。

会社が終わってからも家にすぐに帰るのが嫌で
無意味に会社に残って時間を潰す毎日。

夫婦仲は冷めきり、
ついに彼は離婚話を切りだしました。


しかし、

「絶対に離婚はしない」

の一点張り。


こうなると離婚するまでにはすごく時間がかかります。

そこで、彼は浮気を理由にして
別れることを思いつきました。

離婚の理由が「浮気」である場合は
慰謝料を払う必要はありますが、
短時間で離婚できる可能性が高まります。

その奥さんと少しでも早く別れたい彼は
苦肉の策で切り出しました。


「離婚してくれないなら、おれ彼女作るけどいい?」


と。


普通に考えてあり得ない提案ですが、
それに対する奥さんの答えは・・・

「どうぞご自由に」

でした。


・・・え!?!?

いいの???


で、実際に彼は彼女を作りました。

その子といる時は奥さんの事を忘れ
本当に幸せな時間だったそうです。

関係が深まって旅行にも行きました。


が、これがさらなる地獄の始まりだったんです・・・。

彼女が務めている会社にいきなり奥さんと弁護士が
乗り込んだんです。

探偵によって二人が旅行に行った時の写真が
バッチリ撮られていました。

盗聴もされていました。


そして、奥さんと弁護士は

「あなたの浮気により精神的苦痛を受けました。
 慰謝料を300万円支払って下さい。

 今すぐこの場で慰謝料の契約書にサインしなければ、
 この写真と盗聴した音声をあなたの実家や取引先などにばら撒きます。

 今後もう二度と主人と連絡を取らないでください。
 連絡を取った場合は追加で450万円請求します」

と脅し、その場で彼女に有無を言わさずサインさせたそうです。


最後に奥さんは泣き崩れる彼女を前に
ニコニコ笑いながら

「わたしは旦那と離婚する気は一切ありませんので」

と言ってその場を後にしたそうな(苦笑)


もはや絶句・・・。


いくら気が強いって言っても
ここまでできます!?


とりあえず慰謝料の300万円は彼が用意して
こっそり彼女の口座に振り込むということで
何とかするそうです。

が、離婚までの道はとても険しそうですね。


正直、これを聞いても
僕が彼にしてあげられる事は
東京にいる優秀な弁護士を
紹介してあげることくらいでした。

今後もできる範囲で継続的に
彼の力にはなってあげたいと思いますが、
人間関係をこじらせると
とにかく大変だよという実例ですね。


あなたはこうはならないように
先日お届けした僕とタカさんの対談音声は
ぜひ聞いておいて下さい。

人間関係で悩まなくなれば
人生の悩みのほとんどは解決されてしまいますので。


甲本侍滝×田中貴紀砂 特別対談
Vol.1 今一番大事にしていること


また、見終わったらぜひアンケートにも
回答してみてくださいね。

例によってスペシャルな特典が付いてきます。


ではでは

対談の続編をお楽しみに!

ありがとうございました!


甲本


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)