歩く時は虎の如く。

甲本です。

先日関西にて行った『体癖論』のセミナーでも
お伝えしましたが、

身体の動きと感情や思考は密接にリンクしています。


例えば、

スキップしながら悩むことはできませんし、
ハイタッチしながら落ち込む事もできません。

同様に空手の型をしながら
穏やかな気持ちになれと言われても無理だし、

太極拳のようなゆったりした動作をしながら
荒々しい気持ちになれというのも無理ですね。



そして、それは僕らが日常的に行う
何気ない動作でも同様です。

あなたが無意識に行う動作も
感情や思考とリンクしています。


だから、動きを見れば
その人の感情や考え方の癖を
見抜くことも出来ます。

この辺は『体癖論』セミナーに来た人は
わかりますね。


で、何気ない動作といえば

「歩き方」

というのもその代表格です。


“歩き方一つで人生変わる”

と言っても過言ではありません。


例えば、雀行(じゃくこう)と言いますが、
スズメが歩くようにヒョイヒョイと
体まで跳ねるような歩き方をする人は
優柔不断な傾向が強いです。

こういう人は決断力がなく、
才能があってもそれを活かしきれず、
生涯貧困で親の財産まで失ってしまうと。

あまり良い歩き方ではありませんね。


次に蛇行(じゃこう)という歩き方。

これは蛇が動いている時のように
フラフラと体に力がなく
体を左右に曲げながら歩く事を言います。

このタイプの人は見た目がいい人そうに見えても
腹の中では良くないことを考えている可能性があり
油断ができません。

また、一時的にうまくいくことはあっても
最終的には失敗に終わると言われています。


他にも「狼行」や「狐行」、
「独行」「篤行」など
いろんな歩き方がありますが、
詳細は割愛します。

なぜなら一番いい歩き方はズバリ

「虎行」(ここう)

であり、この1択だからです(笑)


僕が調べた中ではこれに勝る歩き方はありません。

だから、これから歩く時は


“虎の如く歩いてください”


「行くに身動かざれば財を積みて万あり」

という言葉がありますが、
こういう風に歩くと人相も良くなり
財運もついてくると。

そして、それが虎行です。

歩き方一つで良い気が集まり、
金運もアップするのであれば
これはやらない手はありませんね。


細かいポイントを言うと

体はどっしり重く、されど足は軽く、
ゆっくり運んでいく歩き方で、

丹田に気が入っている事で
かかとにも足先にもバランスよく力が入っているので
前屈みにもならないし、後ろに反ったりもしない


という歩き方です。


でも、こんなの文章で説明されても
よくわかりませんよね(笑)

それより実物を見るのが簡単です。

本来は動物園にでも行って
朝から晩まで虎の動きを観察していれば
かなり虎行のイメージが湧くと思いますが、

あいにく虎は夜行性なので昼はやる気なく
寝そべっていると思います(笑)

動物園で飼われている虎ならば特に。


仕方ないので映像で代用しましょう。

YouTubeでよさ気なのを引っ張ってきました。




これ見て、「おれは虎だ」と思いながら
普段から歩くようにしてみてください。

続けていく内に周りからの評価も高まり、
気づけば経済面でも恵まれた豊かな人生を
引き寄せることができると思いますので。



追記
僕のセミナーに来ていただければ
虎行の歩き方はバッチリ伝授します。

ホントに見は重く、足は軽くというのを
その場で体感していただけます。

あなたを「牢獄」から出して差し上げましょう。

あなたが今後、どれだけのお金や権力を手に入れたとしても
決して感じられない“本物の自由”の手に入れ方を、
12/20(木)までの期間限定で公開します。

→詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)