人類は進化したのか?

甲本です。

我々現代人というのは
昔の人と比べて
はたして進化したのでしょうか?


科学技術に関して言えば
これは間違いなく
進歩していっていると思います。

インターネットを使えば
地球の裏側にいる人とだって
簡単にコミュニケーションが取れますし、

今や携帯電話で24時間いつでも
買い物だってできる時代です。

江戸時代の人がもし現代に
タイムスリップしてきたなら
驚愕することと思います。


では、昔の人に比べて
現代人の身体は丈夫になったでしょうか?

確かに医学の進歩によって
平均寿命は伸びました。

しかし、健康寿命という点では
どうでしょうか?


昔の人に「体力」で優っている自信のある現代人が
はたしてどれくらいいるでしょうか?


これは極めて切実な問題だと
僕は思っています。

現代人は貧弱過ぎます。

その証拠に、新薬はどんどん開発されてますよね。

なぜか?

それを必要としている人がいるからです。


薬に頼らなければ
まともに生活が出来ないレベルにまで
弱体化しているという事です。

薬に頼っている生物なんて
人間かその家畜くらいのものでしょう。


では、昔の人と比べて
「気力」はどうか?

これも衰えているという意見の方が
多いでしょうね。

うつ病を初めとした精神病患者が
年々増えていっている事が
その事実を裏付けています。


学校ではちょっとした体罰が問題となり、
教師はモンスターペアレントに
ビクビクしている一方で
不登校になる生徒も増えています。

部活なんかでもちょっと厳しくすると
すぐに辞めちゃうので大変だそうです。

その結果、昔は教師は
「聖職者」と呼ばれていましたが、
今は「労働者」と呼ぶ方が
適切ですよね(苦笑)

もちろん、全ての教師がそうであるとは
言いませんが。


うーん、「体力」でも「気力」でも
現代人は弱くなっているのか・・・


それでは、昔の人と比べて
「考える力」はどうでしょうか?

これは衰えているとまでは言いませんが
微妙な気がします。

少なくとも学ぶことができる環境は
昔に比べはるかに整備されているでしょう。

本を読むことですら一部の特権階級しか
許されなかった時代もあるくらいですから。


今はネットもあるし、図書館もあります。

考えるためのツールはたくさんありますね。


しかし、それらを
どれくらい活用できているでしょうか?

ジャンクフードを貪りながら
テレビを見る現代人に
はたしてどれだけ生産的な事を考えられる頭が
備わっているでしょうか?


ある金融投資の専門家が

「昔の日本人は複利の計算を暗算で
 できるくらいに優秀だったんですよ」

と言っていましたが、
現代人には計算機を持たせても
それが出来ない人多いですよね。


ヤバいな、こりゃ・・・


それじゃ、「感じる力」はどうか?

これは言うまでもなく
弱くなっていると思います。

なぜなら、

昔に比べはるかに便利になったから。


エアコンの効いた部屋にずっといれば
四季の移り変わりすら気づけません。

常に食べ物が手に入る環境下では
狩猟本能も発揮されません。

人工的に美味しく作られた
加工食品ばかり食べていれば
味覚もどんどん鈍っていきます。


そうして鈍感になった身体は

病気にも気づけなければ、
目の前のチャンスにも気づけなくなります。


あー、ヤダヤダ(笑)

これ以上弱体化していったら
ホントご先祖様に笑われますよ。


では、弱体化を防ぐには
どうすればいいでしょうか?

実は解決策は非常にシンプルです。


“身体を動かせ!”


この一言に尽きます。


自発的に身体を動かし、
1日1日余力を残さないこと。


そうすればぐっすり眠れますし、
毎日の生産性も飛躍的に高まります。

そして、これが何よりの

「健康の秘訣」

です。


また、身体を動かすことで
モチベーションも持続します。

僕もデスクワークが非常に多いので
意識的に身体を動かすようにしてますね。

1時間作業したら15分くらい
シャドーボクシングをする
、みたいな(笑)

でも、これ嘘みたいに作業がはかどります。


それに、身体を動かすと
頭もよく働くんですよね。

僕の場合アイデアが降ってくるのも
決まって身体を動かしている時です。

ずーっと椅子に座ったままじゃ
血流は滞り、脳はうまく機能しません。

終いには眠くなってきます(笑)


そして、身体を意識して動かしていると
身体の感度が増してきます。

身体のちょっとした変化を
敏感に感じ取れるようになるので
病気も深刻化する前に予防できますし、
直感も働きやすくなります。


日本の整体界のドンである
野口晴哉はこう言っています。

「丈夫な身体とは、

 寒暑風湿をものともせず、
 食べるに選ばず、何でも旨く、

 働くに溌剌として疲れず、疲れて快く、
 眠って快く、

 守らず庇わず補わずとも、
 いつも元気で活き活き動作し、

 その患いも、何もせずに自ら経過して
 新鮮活発となり、

 雨も風も苦とせず、いつも軽快に
 行動し続けられることをいうのである」



そして、そのための手段は

“身体を動かす事”

です。


まずは

「エスカレーターではなく階段を使う」

くらいの事から始めてみてはいかがでしょうか?


ではでは

今回はこれで。

ありがとうございました!


甲本



追伸1
運動がてらシャドーボクシングとか
かっこいいし、ちょっとやってみようかなー
と思われる場合はこちらの動画をどうぞ。


~シャドーボクシングのやり方~

あなたを「牢獄」から出して差し上げましょう。

あなたが今後、どれだけのお金や権力を手に入れたとしても
決して感じられない“本物の自由”の手に入れ方を、
12/20(木)までの期間限定で公開します。

→詳細を見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)