伝える技術が摩擦をなくす。

どうも 甲本です。

今回は「伝える技術」というお話です。

自分の意見を相手に伝える時、
自分の魅力を相手に伝える時、
相手に改善して欲しい点を伝える時、
相手にやって欲しいことを伝える時、

僕らはいつだって「伝える」という技術を
要求されます。


「何でちゃんと言ったのにわかってくれないんだろう?」

「何でこれだけ言ってるのに理解してくれないんだろう?」


もし、そう思うことが度々あるのであれば
それはご自身の「伝える技術」に問題があるのかもしれません。


なぜ伝わらないのか?

それは多くの場合、きちんと段階を追っていないからです。


下手くそなネットワーカーがこの典型です。

また最近もネットワークビジネスのお誘いを受けました。

別に僕はネットワークビジネスというビジネスモデル自体は
高く評価しています。

本当に秀逸な仕組みだと思います。

上手くいけば、誰もが一攫千金かつ不労所得。

そんな夢のような人生を手にするチャンスを
ネットワークビジネスは提供してくれています。


しかし、残念ながらそれを伝える人の技術が
とても低い場合が多い・・・。

多くのネットワーカーは新規を獲得するために
どんな戦略を取るのか?

御存知の通り

ゴリ押しです(笑)


押して、押して、押し通せ!

無理矢理でも何でもいいから説明会に連れて行け!


極端な言い方をすればこんな戦法です。

そりゃ、イメージも悪くなります。


それをぼかすために彼らは

「強引と熱意は紙一重」

なんて言い回しをしますが、
僕に言わせれば根本から間違っています。


あるネットワーカーが僕を誘い込むために言いました。

「夢の権利収入をあなたも得たくはありませんか?」
「月50万円、100万円も夢ではありませんよ!」
「おまけに、このビジネスはバカでもできるんです!」

うん。

僕はすでに権利収入を複数持ってるし、
月100万円以上稼いでるし、
バカでもできるって・・・? 馬鹿にするのも大概にしてください(笑)

要はこんなことを僕にいくら訴えても
1ミリも響いてこないわけですよ。

自分が誰かと一緒に食事したいからって、
お腹いっぱいな人を誘ってもダメなのと一緒です。

同様に、聞いてもいないのに商品説明。

迷惑です。


自分の「我」を出す前に
相手をきちんと観察し、理解しなければいけません。


まず相手への理解が先。


重要なので繰り返します。

まず先に相手を理解する努力をしてください。

営業も恋愛もこのステップをきちんと踏めば
本当は上手くいくんです。


だから、例えば僕に対してネットワークビジネスを勧めるのであれば、

「ネットワークビジネスって世間的なイメージは悪いけど、
 仕組みはすごく秀逸なんですよー。

 最初だけがんばれば後は自動的に収入が増える仕組みだし、
 あるカラクリがあってカスタマーサービスも信じられないくらい親切だし、
 扱っている商品やサービスは時代の影響を受けないものばかりです。

 どんな仕掛けになっているのか話だけでも聞いてみませんか?」

とでも言えば、反応は全然変わってくるわけです。

もし、こう言われたら

「あー! この人おれのことよくわかってんなー!!
痛いとこ突いて誘ってくるなー!」

という感じです(笑)

実践的なノウハウや理論を追求する僕にとって
「仕組み」という言葉は非常に魅力的なんですよねー(笑)

だから、「それなら試しにちょっと行ってみよーかなー」となっちゃうわけです。


相手をきちんと理解しているからこそ摩擦なく伝えられる。

言われてみれば当たり前のことかもしれませんが、
うっかり忘れてしまっている人や
理解したつもりになっている人は多いと思いますね。

少し意識してみてください。


これまでいろんなところで
繰り返し、繰り返し、伝えていますが
営業の鉄則は

No needs, no presentation.
(ノー ニーズ , ノー プレゼンテーション)

求められてもいないのに提案するな、です。


この原理を守っている限りは
どんなセールスも歓迎されます。


逆にこの原理を破れば
どんなにいい商品を勧めても
うっとおしがられます。


ちなみにですね、この『限界突破論』の目的は

“有益な情報を提供することで僕もあなたも進化し、豊かになること”

です。

「え? そうなの? そんなニーズおれにはないよ?」

という方が万が一このブログを見ておられる場合は

No needs, no presentation.

の原則に則って、「×」のボタンを押すなり、
「←」のボタンを押すなりして退場願います。


僕は1つ1つ、魂を込めて記事を書いているつもりですし、
だからこそアウトプットする僕自身も進化できる。

受け取ったあなたもその情報に触れて進化できる、
実践することで人生の様々な場面で自由度が広がり、豊かにもなれる。

そして、時には教材やサービスを販売させてもらうことで
より洗練された情報をあなたにお届けできるし、
僕もビジネスとして成り立たせることができます。


“僕もあなたも進化し、豊かになる”


それが『限界突破論』というブログの存在意義です。


僕は死ぬまで自分磨きだと思っているし、
様々な知識やスキルを身につけることで
もっともっと人生を楽しみたいと思っています。

だから、情報の出し惜しみをしないと同時に、
自己投資も惜しみません。

そして、提供する情報は僕自身が実践してみて
結果の出たものだけです。

そういった意味では毎回他では手に入らない
珠玉の情報をご提供させていただいているつもりです。

なので、ぜひ完全に自分のものになるまで
反復してください。

このブログを繰り返し読んでください。

音声教材を繰り返し繰り返し聴いてみてください。

中途半端な理解度では実際に現場で役立てることはできません。

妥協することなく、本当に自分のものにするまで反復すること。


それが、

知行合一(ちこうごういつ)

ということです。


まだまだ僕もあなたも進化できるし、豊かになれます。

そう思うとワクワクしてきませんか?

答えが「YES」なら次の記事も楽しみにしておいてください。


僕の人生の恩人でもあるメンターのお話をさせていただきます。


ではでは

ありがとうございました。


甲本




追伸1
今回の内容のエッセンスをおさらいしておくと

・自分の「我」を出す前に相手をしっかり理解しろ。

・『限界突破通信』の目的は進化し、より豊かさを増すこと。

・完全に自分のものになるまで反復しろ。


です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)